花と器 古道具 草の音

島裕介&齋藤純一Live Vol.2 レポート

Live20151102

先日草の音で開催された、島裕介さん×齋藤純一さんのライブの様子をお伝えします。 大好評だった7月のLiveにつづく第二弾! すっかりお二人のファンになってしまい、この日を楽しみに待っていた方は多かったのでは?! 平日の夜にもかかわらず、大勢の方にお越しいただきました。 心に響き渡る島さんのトランペットと、心地よい齋藤さんのギターの音色。 自然と身体が引き寄せ …

続きを読む>

草の音《 リース教室 》生徒さん募集!

アイキャッチ2

草の音「リース教室」の生徒さんを募集しております。 開催日時   A.2015年11月20日(金) 19:00〜21:00        B.2015年11月21日(土) 10:00〜12:00 場所     草の音 定員     各10名様   ※応募締切 11月16日(月)                ※定員になり次第、受付終了とさせていただきます。 …

続きを読む>

草の音 リース展のお知らせ

アイキャッチ1

今年で4回目を迎える、草の音リース展。プロアマ問わず地域のみなさんに つくっていただいた100種類以上のリースを展示販売します。 ぜひお気に入りのリースを見つけにお出かけください。 開催期間 2015年11月26日(木)~12月6日(日) 12:00~19:00   会期中無休 参加者募集 ・プロアマ問わずどなたでも参加できます。 ・サイズ・材料(生花以 …

続きを読む>

古道具入荷のお知らせ

古道具新入荷 草の音

古道具、いろいろ入荷しました。 緑ガラスの氷皿、古い楽譜の版木。 菊の形や鮮やかな緑釉が美しい手塩皿。 ホイールバックのウインザーチェアや 古びた革のトランク。 その他、形も模様も様々な小皿や、 ほっこりとあたたかい漆の汁碗、大正バスケットなどなど・・・。 草の音に並んでいます。 ぜひご来店ください!         …

続きを読む>

島 裕介 × 齋藤 純一 Live 11/2(月)

shima201503

 大盛況だった7月のLiveに続く第2弾!! もう一度!という多くの声におこたえして開催が決定しました! お二人に感謝感謝です!! 年内のLiveは、残すところ2回となりました。ぜひ草の音Liveにお出かけください。 2015.11.2(月) 18:30会場、19:00開演 3500円(事前予約:3000円)1ドリンク付き *当日は、ドリンク・軽食の販売がご …

続きを読む>

古道具入荷のお知らせ

古道具入荷

古道具入荷しました。 秋の月を愛でながら使いたい、絵変りの月の汁碗。 野の草花との見立てを楽しみたい、古いあぶみ。 可愛らしい木馬や、チャイルドチェア。 その他、染付けの飯椀や小皿、大きな大きなガラス瓶、懐かしい駄菓子ケースなどなど・・・ 草の音に並んでいます。ぜひご来店ください!    

続きを読む>

Jazz Live 9月23日(水)

草の音Live 20150923

皆さまお待たせしました! 大盛況だった昨年のライブに続く第二弾!!! 「EAST meets West Jazz Live 2015」 vocal 飯嶋ももこ vocal 伊藤大輔 guitar 愛川 聡 9月23日 水曜日 18:30会場、19:00開演 3000円(事前予約:2500円)1ドリンク付き *当日は、ドリンク・軽食の販売がございます。 関東の …

続きを読む>

「第1回 クサノネ アート サーカス」落札結果のお知らせ

「第1回クサノネ アート サーカス」は、16日(日)に無事終えることができました。 会期中、ご来場いただいた皆さま、そして入札に参加いただいた皆さま、 誠にありがとうございました!! 絵を買うことや、入札することなど、初めての方が多かったと思いますが、 第一印象でパッと決めた方、じっくり何日も通って入札してくれた方、 様々に楽しんで頂けたようです。 また、「 …

続きを読む>

お盆の花束・アレンジ承ります

草の音 お盆花

今年も、草の音ではお盆花のご注文をお受けしております。 ご新盆用、お墓参り用、お供え花、花束・アレンジメント・切り花も各種ご用意しております。 また、ご希望のご予算・お色目・ラッピングなどでもお作りさせて頂きます。 お盆期間中も休みなく営業しておりますが、事前にご予約頂けますと、お待ち頂くことなくご希望の時間にお渡しすることができます。 電話・FAX・メール …

続きを読む>

竹細工ワークショップ

田中瑞波 ワークショップ

先日開催した田中瑞波さんの竹細工ワークショップの様子をご紹介します。   今回は「四海波かご」という花籠を編みます。 先生が用意してくださった竹ヒゴを組んで、底の部分から編んでいきます。 丸く側面を立ち上げて・・・ヒゴを上手にくぐらせて決まった場所に出すのが難しいですが、瑞波さんに丁寧に教えて頂き、皆さんもとても手際良く、きれいな丸い形の可愛い花籠 …

続きを読む>